張り子の作り方

張り子の型づくり
型(かた)づくりは張り子の”原点”でとてもたいせつです。千葉県の有名な山武杉をつかった、石のように硬くなる”木の石”粘土などつかっています。
招き猫の型へ水張り
楮(こうぞ)と、今ではたいへん貴重な大福帳などの反古紙(ほごし)をつかった手漉きの再生紙である”張子紙(はりこがみ)”や新聞紙などを、型に水張りしてゆきます。
招き猫の型へ糊張り
手漉き和紙の”桑ちり紙”は、別名「桑皮紙(そうひし)」ともよびます。お蚕さんがたべる桑の葉っぱ。その木の皮と楮やトロロアオイなどで作られている桑ちり紙を、昔ながらの”でんぷん糊”で、一枚一枚、手しごとで張りつけてゆきます。
紙張りした招き猫を天日干し
太陽と風。かならず”自然のちから”で乾かします。ドライヤーやストーブで乾かすと張った和紙が硬くごわごわになり、中の型(かた)を壊してしまいます。
刃物とへらで型抜き
張った和紙が乾いたら、型に刃物をいれます。竹へらで”浮かし”ながら型を抜いてゆきます。さらに、裂けた部分を張り合わせる”修復”という作業の後、もういちど天日干しをおこないます。
胡粉(ごふん)を練り白地づくり
“胡粉”(ごふん)はホタテ、カキ、アサリなど”自然の貝殻”を細かく砕き、焼いて、粉にしたものです。お湯をすこしずつ注ぎ、何度とこねてゆきます。
膠(にかわ)の煮立て
膠”(にかわ)はひと昔前まで建具などを接着した材料です。動物の骨と骨の間にある髄液で、昔は鹿や馬もつかわれましたが、現在は牛が主です。湯銭して、ほどよい膠をつくります。
胡粉と膠のあわせ
煮たてた膠を、つくった胡粉液にすこしずついれ、練ってゆきます。この作業をくりかえし、下地となる白地を作ります。”季節にあわせて”注意深くおこなわないと「ひびや気泡」が生じ、やりなおし。『胡粉は初練りで決まる。』昔から伝わる人形師の言葉で、繊細で難しい熟練の作業です。
刷毛で白地塗り
できた白地を招き猫の全体に、刷毛で手速く塗ってゆきます。お湯で下地をのばし、綺麗に仕上げます。何層も塗り重ねる場合もあります。
白地塗り後 天日干し
下地である白地を塗った後、天日干しをします。お日様の下だと”まっ白に” になります
絵具で絵付け
絵具で絵付けをおこないます。絵師のしごとで腕の見せ所です。
できあがり
お天気に左右されながら、ひとつひとつ丁寧に作りあげます。1週間ほどかかって出来あがります。