生涯大学校での講義

千葉の港町」として有名な銚子市

千葉県立生涯大学校 東総学園では初の講義。

地域の伝統工芸技術を学ぶ 房総張子』開催して頂けました。

体験でなく『講義』。座学で知識を深めて、技術その手で体験するかたち。

”張り子って知ってますか?” から、はじまります。(今回は生涯大学校なのでみなさんご存じですが、大学など若いひとたちは「知らないレベル」になってきました。)

写真にはないのですが、手漉きの和紙を戌張子や福鶴など様々な型(かた)に、水張り糊張りと「紙張り」もして頂きました。

▼写真 今回は”達磨と変わり達磨” 生徒さんは御自身による「自由な絵付け体験の作品」をお持ち帰り

ひととひとの”つながり”。”笑い”。”地域の絆”。

学園がとてもだいじにされている、その大切な一助にと、私も精進してゆきます。

平均年齢70歳の生徒さん。人生の大先輩です。元気!学ぶことに熱心!そして優しさ。

ありがとうございました。

 

各種学校、大学のご要望にあわせた講義

実施校:

千葉大学「デザイン実践論」「デザインの展望」

生涯大学校 東総学園「地域の伝統工芸技術を学ぶ 房総張子」など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA